カナダにて
2018.11.02 Friday

1年 LB井野です!!

ありきたりな話題ですが高校2年生のときの修学旅行の話をします。

僕たちの高校は修学旅行でカナダへ行きます。日程は1週間で最初の5日間は現地の人のお宅へ三人一組でホームステイ、後の2日間はホテル泊というスケジュールでした。

初めての海外、しかもホームステイということもあり当時意識の高かった僕は日本に帰ってくる頃にはグローバルな人間に生まれ変われると期待に胸を膨らませていました。

空港に着き、いよいよホストファミリーと対面、アジア系の夫婦で子供はいない家庭でした。高級そうな黒塗りのセダンに乗せられ家に着くとそこには広い庭、立派な平屋建ての豪邸が待っていました。「これは当たりの家だ。」そう確信しました。

家に入るとすぐに僕たちは地下にある客室に連れていかれました。そしてホストファザーは「ここが君たちの部屋だよ。Wi-Fiはあるから自由にしててくれ。」そう言い残して出ていきました。とりあえず僕たちは呼ばれるまでYouTubeでも見て時間を潰しました。しかしいくら待っても向こうからのアクションがありません。夜になりようやく部屋のドアが開きホストマザー現れました。ところが「This is your dinner.」そう言って1人1つサンドイッチを置いていきすぐに出ていきました。これで1日目は終了です。こんな感じでご飯だけ出されてあとは別々の生活が2日目、3日目も続きました。YouTubeを見て時間を潰し、ホストファミリーとやる予定だったトランプを3人でし、飽きたら寝て、1日3回のご飯を与えられる。唯一外に出るのを許されたのは4日目のスーパーへの買い出しでした。

最終日ホストファザーが駅まで送ってくれました。そして別れ際差し出された右手を目を合わさず握り返しすぐに電車に乗り込みました。

後で聞いた話によるとホストファミリーは受け入れた人数×6万円支給されたそうです。

写真は2日目の夜に出されたよく分からない味のパイです。


 スポンサーサイト
2018.11.15 Thursday

コメント
コメントする








   

 calender
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
 entries
 archives
 comment
 links
 search this site.
 others
 mobile
qrcode
 PR
 powerd
無料ブログ作成サービス JUGEM