棒倒し
2018.10.13 Saturday

こんにちは。1年DBの松本海杜です。

今回はフリーテーマということで高校の思い出を少し綴ろうと思います。


僕の高校は岩手県内では珍しく体育祭に棒倒しの競技がある高校でした。有志の男子生徒が紅白軍に分かれ、互いに敵陣地の後方に位置する棒を倒し2本先取で勝敗を決するというものでした。両軍の棒は下級生が十数人密集し土台を成して固定され、さらにまるでベルトのように互いに腕を組み土台を囲むことで防波堤の役割を成すラインと呼ばれる生徒たちで補強され、ちょっとやそっとの衝撃では倒れることがない安定感がありました。

勝敗をつけるのに重要になってくるのは、やはり攻撃手である高学年の男子生徒達です。もちろん棒の周辺には攻撃手をタックルして倒す守備の選手も複数人いるので、いかに効率よく、人手を使わず棒にたどり着き倒すか、これが鍵になります。先ほど述べたラインの生徒たちは、互いに組んでいた腕が外れるとラインを解消し、タックルをする守備選手に役割が変わるので、数的不利になる前に速く棒を倒す事も必要です。


僕が3年生の時は紅軍の一員として棒倒しに参加しました。この年の棒倒しはなかなか攻撃側が土台に登り棒を倒すことができず、泥試合になっていました。敵の白軍が初戦を勝ち取り、後が無くなった僕たち紅軍は決死の覚悟で2戦目に臨みました。

結果は2戦目も敗北してしまい、棒倒し競技は白軍の勝利で幕を閉じました。


しかしこの2戦目、僕はこの日土台の上に乗ることができた初めての攻撃手になり、全校生徒からものすごい歓声を受けました。今でもあの空気が震える感覚が忘れられません。

今後そう多くはないであろう貴重な体験ができました!


(試合後に撮った3学年の集合写真です。ちゃっかり両軍の団長に挟まれセンターで写ってます。)


 スポンサーサイト
2018.12.13 Thursday

コメント
コメントする








   

 calender
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
 entries
 archives
 comment
 links
 search this site.
 others
 mobile
qrcode
 PR
 powerd
無料ブログ作成サービス JUGEM