兄弟愛とはこんなもんじゃ
2018.08.10 Friday

こんにちは。4年 DB #27 高田(さ)です。

まず第一に、写真付きのブログにせい!という指令により、「写真ありきの夏の思い出」という限定的な縛られたブログ内容になってしまうことをご容赦ください。

私の中高時代は、スマホというハイカラな文化が日本にまだ浸透していなかった。そのため、現在の日本ほど写真を撮影する習慣はなかった。写真を探そうにもデータ化されたものが少ないため、思い出の写真を発見することも困難である。

ということで結局写真がなくても、ある夏の思い出を語る。ニュージーランドでのホームステイの思い出である。中学3年と高校1年の合間の3月に訪れた2週間の思い出である。現地の季節が夏だったということで今回のテーマから外れていないことをここで確認する。

私は中高一貫校に通っていたため、中学3年の2月末に何の感動もしない、誰が何のためにやっているのかという卒業式をする。その直後の3月初にニュージーランドへ向け飛び立つというルーティーンの学校行事である。

ハミルトン州のマエロアの地で小学生と一緒に生活した。現地で得た情報は、「リンゴさえ手に持っていれば弁当持参と名乗れる」「フィッシュ&チップスだけはハズレがない」「お父ちゃんがみんなデカい」「夕食いっぱい食べたと思ったら、その3時間後にまた食事」

我がお兄ちゃまも同じ中高出身なのですが、お兄ちゃまがニュージーランドに行った際にホストファミリーに貰った掛け布団と同じ種類の掛け布団を、なぜか私もホストファミリーに貰ったのは良き思い出です。掛け布団をお土産で貰ったのは私だけだったので、お兄ちゃまとの強い絆を感じさせる奇跡的出来事でした。

写真はそのお兄ちゃまとの幼少期の写真です。



 45cmの壁
2018.08.09 Thursday

こんにちは! 1年TR 皺爾任后


忘れられない夏の思い出、ということですが、、、ちょっと時期をずらして高校の体育祭のお話をします。


自分の高校の体育祭ではリンボーダンスという種目があります。高跳び?で使うようなバーの下をくぐり抜けて、その低さを競う種目です!各チーム4人ずつ出場するのですが、自分は体の関節が驚くほど柔らかいので出ることになりました。いざやってみると重心を後ろに持っていきつつ前に進まなければいけないので意外と難しいんですね。


そして本番、自分は12人中2位でした!1位の子は45cmをくぐれたのですが、自分は50cmまでしかくぐれず、、、惜しくも負けてしまいました。測るとわかるんですけど、45cmって結構低いです。50cmくぐれただけでもう感動なんですね。くぐれるかくぐれないかの緊張感、くぐれた瞬間の喜び、周りの歓声は忘れられません。


ということで自分の忘れられない思い出は高校の体育祭です!


まだまだ暑くて、もうすぐ合宿も始まります!

暑さに負けないように頑張っていきたいです^^✨


 昔の話です
2018.08.07 Tuesday

3年DL  田上です

夏の忘れられない思い出ということで、、、

思い出はたくさんありますが、夏の思い出は暑苦しいので思い切って冬の思い出を話しちゃおうと思います。

僕の高校は休校にならないことで僕の中で有名ですが、これが本当にすごいんです。

休校かどうかを決める唯一のルールは最寄りの路線である山手線が8時30分より前に30分以上運休するかどうかです。(現在は他の路線も通っています。)

数年前に東京で大雪だった時もはじめのうちは戸山高校は意地でも授業を行おうとしていました。しかし僕の家の前には膝上くらいまで雪が積もっており、そこで僕は人生初めての自主休校となりました。最高でしたね。

その週明け運動部は雪かきに借り出され、アメフト部は裸足で雪の上を歩きながら雪を除去する羽目になりました。良い思い出ですね。


シーズンまでもうすぐです。今年こそ思いっきりフィールド上で活躍しますので応援をよろしくお願いします。#94




 夏の思い出
2018.08.05 Sunday

夏の思い出

1年WRの田頭 建佑です。

夏の思い出で浮かんでくるのは.花火.とか.祭.とか.海.などキラキラしてなくて汗かいて汚れる部活動でしたね。なかでも高校一年の合宿は1番キツかったです。私のチームは人数が少ないので合同練習というか練習試合?をやっていました。それを毎日やっていたので体がもうキツくて相手は体も大きいし上級生ばっかり。うちのチームは2年生4人、1年生9人。よくこれで試合できたもんだと今思いますね。ずーっと試合出てて楽しいんですけどもう口の中がパサパサでした。そして練習の最後のランプロ(筑波ではフィットネス)もーキツくて特に最終日は一本ごとにみんなで声だして走って更に終わりがなくて。声出すのが辛くて息吸えないんですよ笑。仲間が手だして体を起こしてくれるんですけどもう辛すぎて泣いてて手を払い返したりしちゃったり。ほんとごめんね笑。終わった時にはみんな足つってていい思い出ですね


 チャリ旅
2018.08.04 Saturday

1年、鈴木龍馬です!

高2の夏(微妙に秋)に途端

に自転車で遠出がしたくなって、軽い旅に出たことがあった。結局二回しか出かけなかった

が、

どっちもすごい大変で、いい思い出になった。

1回目は家から15km離れた獅子ヶ鼻湿原という山奥の場所。2回目は家から12kmの仁賀保高原だった。どちらも登り坂続きで辛かったが景色は最高だったのを覚えてい

る。

自分の中でも達成感に満たされた特別な思い出となっている。


 自転車
2018.08.03 Friday

どうも 2年TE臺田です。


夏の思い出ということですが意外とないものですね。中1から地元を出て寮生活をしていた私は夏休みの大半を寮で過ごし、地元の祭りや同級生の集まりなどに行けず悲しい思いをしたことを今でも覚えています。しかし、地元を離れたからこそ偶に会うことができるありがたみを感じました。

 写真は何とか部活のオフと花火大会が被り三年ぶりに会った友達と撮ったものです。また6年近く会えていない友人も多いののですが今年の夏、成人式があるので再び会えることがとても楽しみです。

 話は大きく変わりますが2年DB佐藤と同じく私も6月頃自転車を盗まれました。グランド前に停めておいた自転車が見当たらず絶望したことを今でも覚えています。盗んだ本人は軽い気持ちなのでしょうが自転車大国つくばで自転車が無くなるということは死に直結します。非常に迷惑なので本当にやめてほしいです。話を戻すと、盗まれた直後で気が動転していたのですが某緑色のSNSで片っ端から連絡を取り情報を求めました。6分後。友達から目の前にあるという連絡があり、向かってみると盗まれたチャリがあるではないですか。結局誰が盗んだのかは分からずじまいでしたが見つかったことに安堵しました。もう残りの大学生活こんな思いはしたくないです。皆さんも自転車盗難には充分気をつけてください。



さてブログの中に6という数字が出て来たのにお気づきでしょうか。6 6 6 悪魔の数字 秘密結社フリーメイソン。信じるか信じないかはあなた次第です。


 夏の思い出
2018.07.31 Tuesday

お世話になってます。主務、OL?の春藤です。

テーマが夏の思い出ですが、高校時代野球部だったのでどこかへ遊びに行ったとかよりは部活に関連した思い出が多い気がします。

夏の暑い日の練習が終わった後、体育の教員にバレないように部員何人かでプールに全裸で飛び込んだりしたのもいい思い出です。母校の体育の先生は指導熱心な方が非常に多かったのでバレたらとても為になる指導を受けることになっていたでしょう。

あと、一昨年の夏に部員の何人かでジブリ展に行ったのですが、チバレン君と本当にたまたまおそろコーデしてしまったのが以下の写真です。チバレンは当時自分の髪型が気に入らないようで萎えてました。トトロがかわいかったです。

とまあ、色々書きましたがこの夏は真剣にスポーツをする最後の夏になると思うので後悔の無い取り組みをしたいと思います。


 カジノ
2018.07.30 Monday

こんにちは、4年ASの清水です。

 お題は忘れられない夏の思い出ということですが、パッと思い付くものがなかったので多少季節はずれですが高校二年生のときの文化祭の話をします。

 そのときの私のクラスの出し物はカジノでした。といっても本物のお金をかけるわけではなく、100万円札というジョークアイテムを使っていたのですが。

そこで私は主にブラックジャックのディーラーをやっていたのですが、これがまあ面白いのなんの、ギャンブル中毒の気持ちがわかりました。

カードを一枚めくるたびに起きる歓喜、または阿鼻叫喚が楽しくて癖になります。

ある程度貯まったお金(100万円札)を全賭けして散っていく人を見ながら、「あぁこうやってカジノって儲かっていくんだなあ」としみじみ思いました。

最近日本でもカジノができることが決まりましたが皆さんくれぐれも破産しない程度で楽しむようにしましょう。


それっぽい写真がなかったので実家の猫の写真でも載せておきます。


 redbullと掛けまして
2018.07.29 Sunday

いつも応援ありがとうございます。

4年OL#77の澤田です。


夏の思い出ということなので1つ。

自分はアーティストの水樹奈々さんの大ファンです。

あえてマウントを取りにいきますが8年ほどファンをやっております。


そんな水樹奈々ファン、通称「奈々クラ」はほぼ毎年行われる夏の全国ツアーを心待ちにしております。自分も高校生の頃は部活の合間を縫って参加しておりました。

そして自分はあろうことか、受験生の年になっても参加しました。なんなら物販(グッズ販売)のために5時に起き、始発に乗って会場へ向かい、販売開始まで約5時間、8月の炎天下の中で単語帳を開きながら並んだのです。


そしてなんとか耐え抜いて目当てのグッズを買い、入場前の少し物販が落ち着いた頃にのぞいてみたら、まだそのグッズが残っていた時の絶望感は、なんと形容していいか分かりませんでした。


それ以来、夏は嫌いです。

あと、浪人しました。



というわけで恒例の謎かけを1つ。

redbullと掛けまして、メガホンと解きます。

その心は

どちらも覚醒(拡声)効果があります。


(著者は水樹奈々さんと同じくらいredbullが好きです)


 桜島
2018.07.28 Saturday

いつもチームへの応援ありがとうございます!スタッフ4年の鮫島です。


忘れられない思い出、と言われると難しいですが、夏は1番好きな季節です。実家の最寄り駅が海のすぐ近くなので、夏は友人や家族と遊んだり学校帰りに海を眺めてぼーっとする時間が大好きでした🌻桜島をみると落ち着きます。写真は通学電車の途中の駅からみえる風景です。海沿いを走るので晴れた日の景色は最高です!


今年の夏は平成最後の夏、とよく言われていますがわたしにとっては学生最後の夏でもあるので忘れられない思い出をたくさんつくりたいです😊


| 1/80PAGES | >>

 calender
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
 entries
 archives
 comment
 links
 search this site.
 others
 mobile
qrcode
 PR
 powerd
無料ブログ作成サービス JUGEM